オカリナの音色はすごいパワーを持っています。

それに魅せられている方も多いはず。

不思議と涙がでる…心に響く音色です。

 

 

が…

 

なかなか上手く吹けないのがオカリナです。

 

・・・・・・・・・・❤・・・・・・・・・

オカリナオンライン教室リーナ★リーナ

15日間無料登録はこちらからお申込みください

お名前とメールアドレスをご入力いただくだけです。この機会にぜひ。

・・・・・・・・・・❤・・・・・・・・・

 

お上手な方でも、本来のオカリナの持つパワーに気づいていないのではないか?と思うことがあります。そのくらいすごいパワーに気づきました。

 

なぜ、私がそこに気づいたのか。

それは、実はレッスンにありました。

 

 

それまでの私は、それなりにオカリナを吹いていました。

フルートとは違い、吹いたら感動する音が出るのですから、ありがたいことでした。

 

それが二年ほど前にオカリナ教室を開講することになって、実際にレッスンを行うようになってから、この奥深いパワーに気づいたのです。

 

それは、実は下手くそのモノマネをしたことからでした(笑)

 

・・・・・・・・・・❤・・・・・・・・・

さくらいりょうこパワーオカリナライブのお知らせ

★大阪)8月8日:梅田茶屋町ボニーラ(満席御礼)

★東京)9月7日:恵比寿アートカフェフレンズ

★お申込みが必要です。

お申込みはこちらからできます。

★追加公演・神戸)こちらは後日ご案内します

・・・・・・・・・・❤・・・・・・・・・

 

私のレッスンは、フルート時代からスパルタです。

音大受験生を専門にレッスンしていたので、練習してきたものを見てあげるスタイルでは、到底合格はしません。なので、当時暇だった私は、練習に付き合うことにしたのです。何時間も。できるまで。そうしないと、間違って練習してくるからなんです。それを直すことはもっと大変なことでした。

 

で、オカリナのレッスンもグループレッスンとはいえ、90分もあります。

生徒さんには「トレーニングジムだと思ってください」と伝えています。楽しくない練習をそこでみんなとするのです。自分だけ嫌だとかしんどいとか言えない環境です(笑)。でも、あまりにもスパルタでは疲れてしまいます。そこで私が「下手くそ例」です。

ものすごくオーバーに下手くその真似をして吹くと、とてもわかりやすいらしく、みなさん楽しそうに聴きながら改善しようと努力してくれます。なので、どんどんお上手になられています。

 

 

そこで体得した下手くその音を活かして演奏すると、意外や意外、いろんなことができるではないですか。オカリナの「癒し」の制約から抜け出た音が出始めます。これは面白いと思い、いろいろな曲を吹いてみました。曲集に載ってるホテルカリフォルニア…こんなのオカリナで吹いて楽しいか?と思っていたのですが、サックス並の音が出てくるんです。

母さんの歌を吹くと、何気にハスキーな雰囲気が切なさを醸し出します。私の十八番は月の砂漠です。聴いた人はラクダが見えるようです(笑)。

 

私の教室に個性的な人たちが通われているのも、おそらくこの音色を出したいからなんです。面白そうと思ってくれています。そして、その個性的な生徒さんたちは、それぞれに自分のワールドをつくられています。すごいですよ。ただし、オカリナが上手いワケではありません(笑)。

 

表現力がすごいのです。

その人独自の世界がそこにあるのです。

これがパワーオカリナです。

 

表現力をつける練習のことを書く前に、その人たちのことをご紹介していきますね。

お楽しみに。

 

 

さくらいりょうこ🌸