オカリナだけでなく

楽器の演奏は左脳と右脳をつかいます。

ひとつ前のブログに書きましたが、左脳の部分は「テクニック」だと思ってください。ここを「練習」するのです。例えば楽譜を読むことに必死であるというのは、すべてを「左脳」で判断して演奏していることになります。同じく「指がわからない」というのも、左脳が動きます。なんとなくご理解いただけますよね?

 

・・・・・・・・・・❤・・・・・・・・・

オカリナオンライン教室リーナ★リーナ

15日間無料登録はこちらからお申込みください

お名前とメールアドレスをご入力いただくだけです。この機会にぜひ。ヴィブラートレッスンも過去動画で見れますよ。タイミングは「今」です。

・・・・・・・・・・❤・・・・・・・・・

 

左脳の動きが強いと、イメージの世界へいけません。

私が生徒さんに伝えているのは「まちがえてもいい」と言っています。間違えないように吹くことを優先すると、ずっと左脳が動くからです。そして「できないところは後回しでいい」とも言っています。まず、できるところから、好きなフレーズから「右脳」を動かしていきたいからです。

 

そうすると、演奏することがグググっと楽しくなります。

・・・・・・・・・・❤・・・・・・・・・

さくらいりょうこパワーオカリナライブのお知らせ

★大阪)8月8日:梅田茶屋町ボニーラ(満席御礼)

★東京)9月7日:恵比寿アートカフェフレンズ

★お申込みが必要です。

お申込みはこちらからできます。

★追加公演・神戸)こちらは後日ご案内します

・・・・・・・・・・❤・・・・・・・・・

 

左脳の動きに支配されない演奏(左脳をまったく使わないわけではありません)をするには、練習しかありません。しかし、多くの方の練習方法に問題があると思っています。

 

 

・楽譜を読む

・指を考える

・吹いてみる

 

これを一度にやるから上手くいかないままなのです。とても残念なことです。

練習方法としては、これを分解していくことをおすすめしています。

私のレッスンでは、これらを中心に前回の投稿の「ちゃんと吹く」ということに時間をかけています。

 

 

実は、私は小さな頃から練習ができなくて。

根気もないし。

でも上手になりたい。

なので効率的な練習を考えるのです。

続きは次回にヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

今日はオンラインの復習レッスン。

そして…録画を失敗した上級の撮り直し…(T_T)

がんばりますね。

 

 

 

さくらいりょうこ🌸