オカリナの低音域って鳴らしにくいですよね。

低いラなんて、出ないじゃんって、何年も思っていましたし、その音を使わない曲を選ぶようにしていました(笑)。最悪、どうせ聴こえないから鳴ったふりをするとか…。これは私の実話です(笑)

 

でもでも…低いラが使えないと、吹ける曲はかなり減ります。

「花は咲く」なんて驚くほど難しい…(笑)

 

本当にオカリナの指導者か?

と、思われているかもしれませんが、このくらいちゃんと出せない音なんです。

 

・・・・・・・・・・❤・・・・・・・・・

さくらいりょうこパワーオカリナライブのお知らせ

★大阪)8月8日:梅田茶屋町ボニーラ

★東京)9月7日:恵比寿アートカフェフレンズ

★お申込みが必要です。

お申込みはこちらからできます。

・・・・・・・・・・❤・・・・・・・・・

 

良い楽器を選ぶ(もしくは良い楽器に当たる)と、ラが鳴らしやすい場合があります。同じメーカーでもひとつひとつ違います。自分の手に合うものを選ぶのも良いと思います。

あとは、とにかく何度も吹く。

努力は裏切りません。出ても出なくても何度も吹く。

そのうち、指がすっと届くようになった頃、少しずつなり始めます。まずは「鳴らす」ことより「慣らす」ことが大事です。

ラの音らしきものが出るようになってきたら、その音を丁寧に丁寧に扱うように吹いてください。

イライラは禁物です。

 

・・・・・・・・・・❤・・・・・・・・・

パワーオカリナ通信 LINE@

LINE ID  @rinaで検索

ブログの更新、活動情報をお送りします。

・・・・・・・・・・❤・・・・・・・・・

 

あとは回数を吹く。

これに限ります。

ラらしい音が出るようになってきたら、コツの出番です。

 

 

オカリナはまっすぐのまま、顎を引く。

低い声を出すようなイメージです。

そしてタンギング「Tu」を「To」に変える。

まずは優しく吹いてください。

響いてきたら、良し!です。

そして「使える音」になるまで、吹いてください。

長く吹く必要はありません。タンギングで1拍くらいきちんと吹ければOKです。

 

 

そこまでで変化があれば、次のステップです。

これは、言葉で書くのは限界あるかな。誤解があってもいけないし…

ひとことで言えば、少しずつタンギングを強くして、ピッチが上がらないようにイメージして「ラ」の音の立ち上がりをよくしていくと良いと思います。

 

いちど、やってみてくださいね。

 

 

さくらいりょうこ🌸