むつかしいですね

イメージすれば音色は変わる

 

 

 

これは間違いないんです。

何が問題かというと、技術面です…orz

オカリナは簡単なのに超超超奥が深くて難しい楽器だからです。

可能性は無限大なんです。

 

・・・・・・・・・・❤・・・・・・・・・

さくらいりょうこパワーオカリナライブのお知らせ

★大阪)8月8日:梅田茶屋町ボニーラ

★東京)9月7日:恵比寿アートカフェフレンズ

★お申込みが必要です。

お申込みはこちらからできます。

・・・・・・・・・・❤・・・・・・・・・

 

 

まもなく完成するパワーオカリナのアルバムでは、可能性にチャレンジしています。様々なジャンルの曲にチャレンジです。サンバやロック、ジャズ風なのもあります。ひとつひとつはそんなに難しくはありません。ただ、雰囲気を出すのはかなり難しいです。

この「雰囲気」を描いているのが「タンギング」です。

何度も何度も、このブログで書いてきましたし、レッスンでも皆さんに飽きられるほど言っています。

 

 

タンギングさえうまくできれば、イメージした音が出てくるようになります。

そこにヴィブラートがかかれば最高ですね。

シンプルなオカリナにヴィブラートが必要か?というご意見もありそうですが、もちろん、まっすぐ吹けることが基本です。効果的にヴィブラートを入れることで楽曲が生きてくる。そう思うのです。

 

今、リアルのレッスンでヴィブラートのトレーニングをはじめました。最初からうまくいくわけではありません。しかし、ヴィブラートをつけようとすることで、あることに変化がありました。

 

 

それは

 

音に響きがでる。

という素晴らしいことでした。音色がツヤツヤしてくるんです。

私のレッスンではタンギング皆さんきちんとできますので、問題なくヴィブラートへ入っていけます。

 

・・・・・・・・・・❤・・・・・・・・・

パワーオカリナ通信 LINE@

LINE ID  @rinaで検索

ブログの更新、活動情報をお送りします。

・・・・・・・・・・❤・・・・・・・・・

 

 

長くなりましたが…結論を書きますと

「音」が先です。

 

トレーニング方としては、一番出しやすい「ソ」の音を4拍吹く。

美しいタンギングと音色が出せるか、ご自身の耳でしっかり聴いてください。

響きにも注意してください。

10回、ソを吹いてください。(もちろんそれ以上でも良いのですが、あまりやると嫌いになりますので(笑))。美しいソが出たら、それを10回吹きましょう。思うようなソが出なければ、2回目は少し工夫をして「きれいなソをイメージして」吹いてください。あ、そうなるとイメージが先か…(笑)…。そうやって「美しい音」を出す努力を少しはじめてください。

ソがきれいに吹けるようになったらお隣の音です。

ラをソと同じように美しく吹きましょう。

 

 

この繰り返しです。

努力は裏切りません。

 

 

 

さくらいりょうこ🌸