昨日は、知人のお誘いで映画を観てきました。

自主上映の映画ですので、会場はお寺の本堂です。

とてもとても素晴らしい映画でした。

 

で…映画のことはまた別のブログで書いていきますが…

 

 

映画の前に1曲演奏させていただくお時間を頂戴しました。

あまり詳しく内容がわかっておらず、いくつかのオカリナを持って行ったのですが、頭の中では「竹オカリナ」で故郷を吹くことは、ほぼ決めていました。

 

 

さて、それはなぜでしょうか?

 

 

 

私はプロですから特に気をつけていますが、自主ライブでない限り、聴き手にとって「喜ばれる時間」でないといけないと思っています。

 

私が想像したシチュエーション

 

・平日の昼間

・自主映画にお誘いいただいた方の人脈と年齢層

・お寺の本堂

 

この3つを頭に置いての、ここ一発の選曲が「故郷」だったのです。

それも竹のオカリナで。

 

選曲はとても大事です。

この1曲で、皆様から「オカリナ習いたい」と言っていただけました。

そして、あのいい音色をもう一度聴いてみたいと、その後の懇親会でも演奏の機会をいただけました。

 

 

自分の活動を広げていくために、オカリナの良さを知ってもらうために日々がんばっています。

 

 

 

さくらいりょうこ🌸