こんにちは。

最近、このサイトのアクセス数が増えてきて嬉しい限りです。

ブログを読んでくださっている皆様、本当にありがとうございます。

 

さて、昨日、中途半端に終わったオカリナアンサンブルのコツですが…

 

・・・・・・・・・・❤・・・・・・・・・

オカリナ専用のLINE@

LINE ID  @rinaで検索

ブログの更新、活動情報をお送りします。

・・・・・・・・・・❤・・・・・・・・・

 

ヴィブラートのことは、少し置いておいて

どうやったら上手になるかわかりますか?

音程や音量、すべてが瞬時に上手になるんです。

本当にちょっとしたことなんです。

ある機能を使うだけなんです。

さて、なんでしょう。

広告の下に書きますね(笑)

お近くの方はライブもぜひ。

・・・・・・・・・・❤・・・・・・・・・

さくらいりょうこパワーオカリナライブのお知らせ

★大阪)8月8日:梅田茶屋町ボニーラ★東京)9月7日:恵比寿アートカフェフレンズ★

・・・・・・・・・・❤・・・・・・・・・

 

さて、そのコツとは。

 

 

相手の音を聴く。

 

 

これだけです。

デュオでもトリオでも。

これが何人になってもです。

最低限、自分のパートは吹けるということが前提ですよ。

 

なぜ音が混ざらないか

それは、相手の音を聴いていないからです。

相手がうまいとかへたとかそういうのは関係ありません。

相手の音を聴くことで、自然と音量が下がるのです。

そしてソフトになった音は響きあうのです。

言葉ではこれくらいにしか書けなくて、伝わればいいなあと思いますが、私のリアルの生徒さんは4人であれ8人であれ、10人であれ、「相手の音を聴きましょう」と言った瞬間、そこに意識を集中させ、見事に音程が合ってきます。やればできるんです。

「聴くこと」に集中するのです。

小さく吹くとか考えない。

そういうことを考え出すと音程が狂うからです。

 

ああ、これをリアルに伝えたい。

皆さん、オンラインで私に会いにきてください。

 

あ、それと、もうひとつアンサンブルを上手にするためにできることは、メーカーをそろえることも大切だと思います。今、上手なアンサンブルグループでしたら、一層上手になりますよ。メーカーが違うと音の雰囲気も大きさも変わります。極端にいえばプラスティックのものでもそろった方が良いのです。

こんな極論というかもしれませんが、これは事実だと思います。

メーカーによって違いすぎるんです。

アンサンブルを楽しんで、人前で演奏されるなら、メーカーをそろえてみるのも良いと思います。ポイントとなるようなSCは何でもいいかもしれません。

 

以上、私の思うことを書いていました。

 

 

さくらいりょうこ🌸