この間、リアルのレッスンで、一音、一音を聴いていみるということにチャレンジしました。

題材はイエスタディ。

高いミとファが美しく出てほしいのですが、鳴りにくかったり、力んだり、「うるさい」と思えるような音しか出ないのです。それは生徒さんたちみなさんが悩まれていました。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・★notice★

さくらいりょうこパワーオカリナライブのお知らせ

8月8日:大阪ボニーラ

9月7日:東京アートカフェフレンズ

★notice★・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

グループレッスンなので、なんとなくできているけれど、美しくない。それだけは皆さんもわかるのです。でもどうすれば良いかわからない。いろいろ吹き方を工夫します。そこで、ひとりずつやってみたのです。高い「ミ」の音を聴いてみるということを。オカリナを上下させたり、口の中の空間で響きを作るんだと言ってみたり、いろいろ言いながら、「よく自分の音を聴いて」ということに集中してもらいました。

 

すると…

5人いらしたのですが、5人とも、それぞれ5回ほど吹いて音色が変わったのです。

これにはみんな驚きです。

最初の人の音が変わったときは、すごーい!と言っていました。

そして二人目が変わったときも、すごーい!と言っていました。

でも、あとの三人は「自分ができなかったらどうしよう」と思われたはず。

 

 

でも、全員、音が変わったのです。

 

 

このことに気づくことができればいいんです。

自分の音の変化、自分の出している音を集中して聴く。

そして、より良い音を出そうとしてみる。

この気づきがあれば「できるイメージ」が入っていきますので、あとはスイスイです。

 

 

私のオンラインでは、マンツーマンをしています。

オンラインでも、音はわかります。

予約制です。

 

 

この「気づき」

まさか5人ともできるとは思わなかったんですよ。

我ながらすごいな~って思いました。(笑)