オカリナのヴィブラートのことを続けて書いてきました。

なんとかヴィブラートをかけたいと思われている方が多いからです。

 

 

前回のブログの最後に「腹筋」の大切さを少し書きましたが、迷って迷って「耳」のトレーニングを先に書きます。それは「音」のちがいがわからないと腹筋のトレーニングをしても、単なる筋トレになってしまうからです。

 

 

「耳」をトレーニング??ってお思いですか?

私は「耳」をトレーニングすることが一番早い上達法だと思っています。

 

 

まず、自分の出している音を聴く。

その音が綺麗かどうか、自分の理想の音かどうか判断する。

それを一音、一音、やるんです。

 

出やすい「ソ」の音からはじめると良いと思います。

 

美しい「ソ」が出るまで、短めのロングトーンをします。(へんな言葉だな(笑))

長いロングトーンをすると、美しい音を出す前に疲れてしまいますから。短くていいんです。

自分が気に入った「ソ」の音が出るまでやってください。

気に入った音が出たら、隣の音を同じようにします。

その前に出していた美しい「ソ」と同じ美しさで「ラ」や「ファ」に取り掛かります。

 

 

これを繰り返すことで、音の粒がそろってきます。

疲れたらやめてください。

オカリナが嫌いになりますから(笑)

 

 

判断するのは自分の「耳」です。

最低音から最高音までを「あなたの音」にしてください。

同じメーカーの楽器だからと言って、誰が吹いても同じ音が出ることはありません。音に個性が現れるのがオカリナです。その個性を出せないタイプのオカリナもあります。それはそれで誰が吹いてもそのオカリナの音になりますし、すぐに上達した気分になります。そういう意味ではとても素晴らしいオカリナです。この場合、耳のトレーニングはさほど必要ないかもです。無個性なので。これでは面白みに欠けると私は思っています。

 

私がこれからパワーオカリナと名づけ、表現していきたいのは「個性」なんです。

それはオカリナを吹く人みなさんの「個性」です。

そこを追求したい。

私の教室に習いに来られる方には、個性が音に出る楽しさを掴んでほしいと願っています。

 

 

それにはまず「耳」トレ。

今日書いたのは、第一段階です。

 

続きはまた。

 

 

さくらいりょうこ