前の投稿でオカリナのヴィブラートについて書きました。

そして「まっすぐ吹けることがもっとも大切なこと」だと書きました。

 

 

まっすぐ吹けてこそヴィブラートが活きてくるのです。

それはクラシックの奏法とは違います。

クラシックのヴィブラートは「かかっていない音があってはいけない」と言われた気がします。それが正しいかどうかは別にして、ヴィブラートのかかっていない音は「美しくない」という意味だったように今の私は受け止めています。クラシックの世界でもヴィブラートがかかっていない音があるからこそ、美しさが増すことはあるのですが、極端に音色が違いますので、楽器の特色や好みもあると思われます。

 

オカリナに限って言えば「ヴィブラート」は効果です。クラシックとは真逆です。まっすぐな音があって、そこに良い分量のヴィブラートがかかる。なんでもかんでも同じヴィブラートをかけ続ければよいのではありません。オカリナの良さがなくなってしまうからです。

 

オカリナにヴィブラートをかける最大のメリットは「ピッチがごまかせる」こと。

このためにだけでもヴィブラートは覚えた方が良いですね。

先日、ある方に「アンサンブルではヴィブラートは使わない方が良い」ということを聞きました。プロの方ではないのですが、その話を聞いて「オカリナの世界ではこれが常識なのかもしれない」と認識をあらためました。すべてがそうでないと思いたいですが、そうご指導された方も多いのではないでしょうか。

 

アンサンブルこそヴィブラートが必要だと確信しています。

それこそピッチの問題です。

フルートでもそうですが、まっすぐな音でピッチを合わせるのは、とても難しい。そして、それはチューナーに合わせにいっているようなもので「音」としてどうよ?と…思ってしまいます。演奏する時の強さ、ニュアンスでピッチが合わないといけないのです。チューナとにらめっこをするのは「自分のオカリナの癖」を知る程度で良いのです。

あとは自分の耳の訓練です。

 

 

ヴィブラートから話がそれました。

アンサンブルにしても何にしても、オカリナのピッチコントロールに必要なのがヴィブラートだと思っています。それは音の揺らぎをつくることで「なんとなくいいんじゃない?」程度まで合ってくるのです。

これでも「なんとなくいいんじゃない?」というレベルですが、それは楽器の特性だと思います。今の私はあの不安定さをどのようにコントロールするかを要求され、可能性を模索しています。

 

さて…そのヴィブラートを効果的に使うために必要な「まっすぐな音」。

この「まっすぐな音」を美しい音色で吹くために、そして、大事なピッチを保つために必要なのが…

 

 

「腹筋」です。

 

これに尽きます。

私はイタリアーナのソロ用を使っているからかな?と思っていました。もともとのピッチが低いからです。しかし、そうではないことがわかりました。生徒さんのレッスンで簡単なスケールトレーニングをするときに、腹筋の話をしたところ、音色が変わり始めたのです。それはそれは美しい音色に。

4月22日にライブ中継を見てくださった方には、あの音の変化はオンラインの画面越しでもわかられたことと思います。次回はまだ決まっていませんが、またレッスンライブ中継をしてみたいと思います。Zoomで配信です。オンライン教室以外の方は無料登録をしていただきましたら(15日間)閲覧できます。

 

腹筋のことは続きで書きますね。

 

 

さくらいりょうこ