よく生徒さんからヴィブラートのかけ方を教えてほしいと言われます。

これが意外と難しくてね…

 

なんて言うのかな

メロディーを歌えばかかってくるものなんです。

口先だけでメロディーを歌うからかからないのです。

 

と言ってしまうと、終わってしまいます。

本当は、歌っていく中でかかるのが一番美しいと私は思っています。

トレーニングとしては、ウーウーウーとうねりを作りながら吹きます。

それを四分音符で、そして八分音符で、そして三連符で。

一番美しいヴィブラートの速さというのもあります。

 

 

しかし!

ここで私が皆さんに伝えたいことは

クラシックの世界とイコールではないので

ヴィブラートをかけずに演奏できないといけないということです。

 

まっすぐな音が吹ける

これはオカリナのいちばん良いところですので、すべてにヴィブラートをかけてしまうと効果半減です。

 

まっすぐな音もヴィブラートがかかった音も、すべてを「表現」に使ってほしいのです。

自由自在に。

 

そして、難しいのはヴィブラートをかけることより、まっすぐ吹くことだと思います。

そこに何が必要かわかります?

 

 

つづきは明日。

 

さくらいりょうこ