オカリナで余韻を残す。

おかげさまでクラウドファンディングは大成功のうちに終わりました。

これからパワーオカリナのアルバム制作に入ります。そしてご支援いただいた方へのリターン(お返し)の準備です。ライブのチラシも制作中で、9月に東京で開催しようかと思っています。今、日時の調整中です。そんなこんなで4月はあっという間に過ぎ去りそうです。

 

アルバムの録音は4月4日です。

もうすぐですっ(;´∀`)

前の記事にも書きましたが「奥が深いオカリナ」。

はたしてどこまで奥深いのか。

吹けば吹くほど怖くなります。

 

 

で、今日はオカリナで余韻を残すことを意識して練習しました。

長い音符ならできるんですよ。

でも、短い音、スタッカートではなく、ちょっと長めの音というのがむつかしい。

ビブラートをかける時間もなく、下手すると「ぷー」っというショボい音になりかねません。

音の時間が短すぎて響きをつくることも難しい。

でも、理想は響きだけでなく、そのあとの「余韻」まで。

 

 

どうしたものか…と、あれこれやっていると…

方法を見つけましたよ♪

明日の練習でもうまくいけば、その方法をまた「コツ」としてご紹介できるかも。

がんばってみます~

 

 

さくらいりょうこ

 

関連記事

  1. オカリナ さくらいりょうこ選定品

  2. オカリナのビブラートについて♬その1.