オカリナってかっこいい《パワーオカリナの世界》

 

 

オカリナってかっこいと思う。

 

 

私はオカリナのレッスンもしている指導者ですが

その前にオカリナの奏者でいたいと思っています。

 

 

これはフルートのレッスンをしていたときも同じでした。音大受験生を主にレッスンしていたのですが、それはそれはスパルタ(笑)。厳しい、怖いというのとは違います。今のリアルのレッスンはそれに近いのですが、ただただ「練習に付き合う」のです。ジムのトレーナーみたいなものですね。

 

というのは、間違った練習をするとへんなクセがついてしまうからです。

 

・・・・・・・・・・❤・・・・・・・・・

オカリナ専用のLINE@

LINE ID  @rinaで検索

ブログの更新、活動情報をお送りします。

・・・・・・・・・・❤・・・・・・・・・

 

話がタイトルとブレてますね(笑)

実は、このレッスンで学ぶことが多いんです。

 

リアルのオカリナの生徒さんには、できるだけハッキリした音を出してもらうようにご指導しています。

タンギング、支え、腹筋、背筋など、マジでジムみたいですよ。

月に一度しかないので、そこで上達することを目的とする笑顔でスパルタレッスンです。

 

 

そこで必要なのが、生徒さんのモチベーション。

「先生みたいに吹きたい」と思ってもらいたいのです。

 

 

フルートの時もそうでした。

当時の私は全国ツアーにいったり、大活躍でしたから。

それも過去の栄光…

 

人生いろいろあって、オカリナに出あいました。

そして教室をはじめて2年。

毎回気づきがあります。

 

「先生みたいに吹いてみたい」

と言ってくれる生徒さんも多くいます。

しかしながら、生徒のみなさんには、それぞれ個性がありますので、私と同じようにはならないと思っています。それはうまい下手ではなく「個性」なんです。選曲からはじまって、メロディーの歌い方、それぞれの個性が出る。これが「オカリナ」のすばらしさなんです。

 

・・・・・・・・・・❤・・・・・・・・・

さくらいりょうこパワーオカリナライブのお知らせ

★大阪)8月8日:梅田茶屋町ボニーラ★東京)9月7日:恵比寿アートカフェフレンズ★

・・・・・・・・・・❤・・・・・・・・・

 

自分はどうみられたいのか?

どんなオカリナを聴かせたいのか?

これがわかれば、次にどんな練習をすればよいのかも見えてきます。

 

 

私は「かっこいい」を追求しています。

それがパワーオカリナのアルバムです。

今、どんどん出来上がってきています。

 

作曲はクラウミノボル氏に依頼、アレンジもクラウミノボル氏がされています。この世界観を自分のものにするのは、とても難しかったです。このチャレンジは、私自身を変えてくれました。

 

癒し系からかっこいいへ。

 

まもなく全てが発進します。

お楽しみにしてください。

 

さくらいりょうこ

関連記事

  1. 残念…オフ会開催できず…

  2. パワーオカリナライブのお知らせとお申込みは…

  3. シンプルに「やってみる」

  4. ここだけのハナシですが、アルバムジャケットは〇〇〇〇で撮影で…

  5. 東京でのオフ会を考え中

  6. 鳴らないのはオカリナのせいじゃないですよ♪♪